屋久島縦走編(後半)

0
    JUGEMテーマ:登山
    4月17日
    前日夜には、雨を心配しての電話が入るほど豪雨の予報が(-_-;)

    夜中に、大雨が降っていたような(疲れて熟睡していたため定かではない)

    しか〜〜〜〜〜〜し。

    朝起きてみると、雨も上がり今日もいい天気の予感w。

    まだ雨露で濡れると嫌なので、念のためレインスーツを着て出発!





    縄文杉まで1.9km。

    この日は、下りがメインになるので楽勝です。





    歩き始めてすぐに青空が見えてきた〜〜〜〜〜〜!





    いつの間にか、雲ひとつ無い天気にw。





    縄文杉から一番近い山小屋「高塚小屋」に到着!

    最近建て替えられただけあって、綺麗です。

    どうせ建て替えるなら、もっと大きなの建てればよかったのに(-_-;)



    中は、こんな感じ。

    すでに、誰もいない。

    10人ほどでいっぱいかな(-_-;)

    ここに泊まろうと思ったら、ずいぶん早くに到着しないと無理かな?



    そして、山小屋から縄文杉まで200m。



    ついに縄文杉に到着!



    現在、ステージが設けられてて縄文杉に近づくことはできません。

    保護の観点からだと、しょうがないかも。

    ちょっとわかりずらいけど直径5.1mあるそうです。

    直径が1m増えるのに1000年かかるって、ガイドさんが言ってました。







    ずっと、素晴らしい景色を見ながら歩いてきたので「これが縄文杉か〜、ふううううん」ていう感じ(笑)

    杉の下をくぐり





    このくらいの大きさの杉は、いたるところにありますw。







    ウイルソン株まで800m。



    ウイルソン株とは、ご存じの通り

    これ!

    株の中から空を見上げると、ハートマークがw。




    パワースポットらしいw。

    俺がこれ以上パワーアップしたら(-_-;)

    縦走すると、日帰りの登山客が登ってくる前に縄文杉やウイルソン株が見えるのでお勧めです。

    ちょうど俺たちがウイルソン株で遊んでいる頃に、日帰りの登山客が増えてきて写真を撮るのも順番待ちになってました(-_-;)

    次に目指すは、もののけの谷。

    登ってくる人とすれ違いながら、こ〜〜〜〜〜んなトロッコ道をひたすら歩きます。



    途中に橋があったり、川に下りてみたり、下りだから余裕ですw。





    こんなにちゃんとしたトロッコ道があるんだから、トロッコに人を乗せて走れるようにすればいいのにw。



    振り返ると、こんな景色尾もw。

    新緑が鮮やかです。



    しばらくトロッコ道を歩くと、もののけの森に行く分かれ道に出ます。
    目指す方向は、白谷雲水狭(もののけの森)



    ここから上りが続くため、手前の広場でお昼ごはん食べてパワー補給w。



    ゆっくり休んだ後は、パワー全開で出発。

    このくらいの時間になると、他の登山客と一緒に登っていくことになります。

    若い子達は、最初は元気いいけど途中でばててましたw。

    俺たち大人はマイペースw。



    登り切ったあたりで、太鼓岩の道しるべが。

    山小屋で知り合ったガイド(島津さん)が素晴らしい景色だというので、俺たちも行ってみることに。

    ここも、結構な急登だけどピストンだから荷物も置いて元気バリバリで登り切るw。




    山が開けたそこには



    歩いてきた尾根も見えます。






    おそらく太鼓岩で浮遊したのは俺が初めてカモ(笑)



    しかし、二日間こんなに素晴らしい天気に恵まれるなんて、俺って凄いw。

    太鼓岩で遊んだあとは、もののけの谷を目指します。

    今まで歩いてきた景色とは、明らかに違う景色が増えてきます。



    視線を感じたそこには、「こだま」がw。





    まさに、もののけの森です。



    苔むす谷を見ながら、下山します。



    そしてついに下山!



    バスで、今日の宿泊地「シーサイドホテル」へ

    のんびり風呂に入った後は、

    かんぱ〜〜〜〜〜〜い!

    何とも言えないうまさです。





    そして、夜は更けていくのであったw。



    4月18日

    一夜明けて、今日の予定は平内海中温泉。

    温泉に向かう途中は、バケツをひっくり返したような土砂降り。

    しかし、温泉に着くとw。



    ピタッと雨が止むw。



    解放感でついつい(-_-;)



    温泉のお湯は、もっと冷たいのかと思っていたけどちょうどのんびり入れる湯加減w。



    いつまでも入っておきたいけど、帰りのフェリーの時間が。

    着替え場は、こんなのしかないのです(笑)



    雨の日しか現れない、「チャーリーの滝」を見学してフェリーで無事に鹿児島へ



    鹿児島港から、家口とはるちゃんは飛行機で

    俺はバイクで無事に家まで帰りましたとさw。

    今度は、雨の降る屋久島も味わってみたいかな〜〜〜(笑)

    とにかく、こんなに天気の日が続くことはほとんどないそうでした。

    おわり。






     

    | 1/5PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM